MENU

麻生さんの弔辞内容を全文書き起こしてみた!盟友の関係が伝わって泣ける!

安倍元首相の弔辞を盟友の麻生太郎氏が読み上げたのですが、感動の内容で話題になっています!

ちゅらりき

麻生さんと安倍さんは仲いいイメージですが、まさか麻生さんが弔辞を読むとは…!!

この記事ではtwitterでもトレンド入りした麻生さんの弔辞内容を確認し、想いを馳せたいと思います。

政治家としての安倍さんに思い入れはありませんが、日本の首相として活動した功績は心より尊敬しています。

亡くなってしまったことはショックですが、麻生さんの弔辞と共に大変お疲れさまでしたと心からお伝えしたいです。。。

目次

麻生さんの弔辞全文

引用:Yahooニュース

安倍先生。きょうはどういう言葉を申し上げればよいのか、何も見つけられないまま、この日を迎えてしまった。

参院選の街頭遊説のさなかの事態は私にとって到底受け入れられるものではない。国民もやり場のない怒りや悲しみに震えている。誰もがどうお悔やみを申し上げればよいか、その言葉すら見つからない。ただただご冥福をお祈りするばかりだ。

振り返ると、ずいぶん長いお付き合いをさせてもらった。時に官房副長官と政調会長、時に総理と幹事長、時に総理と副総理として、政策や政局において様々な課題に取り組んできた。

そこにあったのは信頼関係だ。いかなる局面でも日本という国を思い、国益を最優先する信念が、先生と私をつなぐ一番の絆であったと確信している。

少々格好良く言い過ぎたかもしれない。普段はお酒を酌み交わし、ゴルフ場で冗談を言いながら回る。そんないつもの光景と、そこでの笑顔が目をつむれば浮かんでくる。

総理としての功績は多くの人の知るところだ。内政はもちろん、外交でも戦後日本が生んだ最も優れた政治家ではなかったかと確信する。

戦後最長となった在任期間を通じ、積極的な「安倍外交」は持ち前のセンスと、守るべき一線は譲らないという類いまれなる胆力が各国首脳からも一目をおかれた。日本のプレゼンスを飛躍的に高めた。

首相退任後も事あるごとに「安倍は何と言っているのか」と各国首脳から聞かれ、同じ日本人として誇らしい気持ちを持ったものだ。

世界で各国が歩むべき方向を迷い、見失い、進むべき羅針盤を必要とする今このときに、あなたを失ってしまったことは日本という国家の大きな損失に他ならない。痛恨の極みだ。

これから晋太郎先生のもとに旅立たれるが、今まで成し遂げられたことを胸を張って報告してほしい。岸信介先生もおられるだろうから、政治談議に花を咲かせられるのではないかと思う。

苦楽を共にし、最後まで一番近くで支えてきた昭恵夫人やご親族のことも、どうか温かく見守ってほしい。そのことを同志として、また家族ぐるみの付き合いをさせてもらった友人の一人として心からお願いする。

引用:日本経済新聞

私もそのうち、そちらに行くので、これまで以上に冗談を言いながら楽しく語り合えるのを楽しみにしている。

正直申し上げて、私の弔辞を安倍先生に話していただくつもりだった。無念です。

令和4年7月12日 元内閣総理大臣 友人代表 麻生太郎

引用:日本経済新聞
ちゅらりき

正直、私から多くを語る必要はありません。。お二人の関係性が目に浮かびます。。

安倍さんと麻生さんはどちらも内閣総理大臣を経験されており、多くの一般日本人とはかけ離れた日々を過ごされたでしょう。

仕事相手は外国の大統領や政治家たちです。

外国との友好関係が崩れれば最悪の場合、戦争に発展する恐れさえあります。

ちゅらりき

私たちの仕事とは明らかに裁量も責任もとてつもなく大きいです。

そんな内閣総理大臣の経験者で友人であるお二人の関係性は、私達国民には分からない絆があったはずです。

参議院選挙の街頭演説中に亡くなるという未曽有の事件ではありましたが、心よりお悔やみ申し上げます。

弔辞の様子の動画

麻生さんの弔辞に対する反応

麻生さんの弔辞後には、昭恵夫人は数分間にわたり頬ずりをして号泣したそうです。

無念でしかありません。。なんとお声がけして良いか言葉が見つかりません…

ちゅらりき

私も妻がいきなり銃で撃たれて亡くなった聞いたら、生きる気力を失うでしょう…。。

日本中が悲しみに包まれた1日だったと言えます。

安倍元首相、心よりご冥福をお祈りいたします。安らかにおやすみ下さい。

まとめ

この記事の内容おさらい

・麻生さんの弔辞は感動の内容だった。

・内閣総理大臣を経験し相談できる関係性が安倍さん、麻生さんにはあった。

・安倍さん、本当にこれまでお疲れさまでした。

この記事では麻生さんの弔辞についてお伝えしてきました。

感動の内容ですし、この事件・そして安倍元首相の功績を忘れてはいけないと心からおもいました。

明日もまた日は上りますが、前を向いて日々生活していきましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

職業:Webマーケティングコンサル/広告運用コンサル
勤務先:都内インターネット広告代理店
年齢:33歳
家族構成:妻と息子(1歳)の3人家族
住まい:神奈川県横浜市のマンション住まい。
趣味:YouTube鑑賞・マンガ・野球・イベント参加など。
ブログで取り扱うジャンルはYoutuber・芸能人・福袋・ライフハック系

自分の好きなジャンル、詳しいジャンルの記事を書いて
読者の役に立つ最新情報をお伝えすることを意識しています。

コメント

コメントする

目次