MENU

まずい棒のまずえもんの後ろ姿がヤバい!種類や値段・味など基本情報まとめ!

経営難の銚子電鉄を救っているまずい棒の売上げが順調で話題になっています!

ちゅらりき

え、有名なうまい棒とパロディ的なヤツ!?

まずい棒のパッケージには「まずえもん」が採用されており、マスコットキャラとしても活躍しています。まずえもんには後ろ姿にも人目を引く工夫がされています!

この記事ではまず衛門の後ろ姿だけでなく、人気商品のまずい棒の情報をお伝えします!

この記事でわかること
  • まずい棒のまずえもんの後ろ姿とは…?
  • まずい棒の値段や味の情報
  • 銚子電鉄はぬれ煎餅によって持っている。
目次

まずい棒のまずえもんのうしろ姿がヤバい…!

引用:Assist 

まずい棒のパッケージは漫画家:日野日出志が手掛けており「まずえもん」など数多くのユニークなキャラクターが登場しています…!

中でも主役のまずえもんは本名が「魔図衛門」となっており『まずい…』という言葉に反応して魔界からやって来る異星人で銚電ファンという設定です。

中でもまずえもんの後ろ姿がビックリしますよ…!!

まずえもんの後ろ姿は妖怪みたい!

引用:VANRAURE

なんと、まずえもんの後ろには一つ目のお化けのような顔が隠されているのです…!!

まずい棒のパッケージには後ろ姿が載っていないので、分からないのですがマスコットの後頭部にははっきりと表情がみつかりました。

さすがは、デザインがホラー系漫画家:日野日出志ですよね。子供たちのなかでも後ろ姿を観たときには話題になること間違いなしです。

銚子電鉄は過疎地域の電鉄なので、経営難が続いている状況です。その状況を打破するためにまずい棒を開発・制作し売上げをのばしています。

ちゅらりき

マスコットキャラのまずえんもんは、なんとか印象に残すために後ろ姿まで工夫されているのです!

まずい棒の種類・味や値段などの基本情報

引用:投資電鉄まずい棒公式HP

まずい棒の種類

現在9種類のまずい棒が存在しています!

【まずい棒は全部で9種類】

  • かーるいチーズ味
  • ぬれ煎餅味
  • 岩下の新生姜味
  • コーンポタージュ味
  • わさび味
  • 炭火地鶏味
  • 沖縄パイン味 *売り切れ中
  • チキンカレー味 *21年12月に新発売!
ちゅらりき

みんなが知っているうまい棒とは大きく趣向が異なる味もありますね

中でもぬれ煎餅味や岩下の新生姜味などはまさに銚子電鉄だからこそ…!といっても良い味に仕上がってます。

直近でも新しくチキンカレー味が登場しているので、2022年以降にも新しい味が出てくるかもしれませんね!

まずい棒の味は?

まずくないですよw味は美味しいです!

まずい棒は味がまずいから付いた商品名ではありません!まずい棒の名前の由来は製造元「銚子電気鉄道株式会社」の経営がまずいので「(経営が)まずい棒」となっています。

銚子市はトウモロコシの名産地でもあるため、コーンポタージュ味が美味しいと評判にもなっています。

うまい棒にもよく似た味が多いですが「コーンポタージュ味」は甘くてついつい手が伸びる味なので、まずい棒でも同じ現象が起きそうです!!

ぬれ煎餅味は銚子電鉄の収入源の大半を占める「ぬれ煎餅」から開発されています。ちなみに銚子電鉄名物ぬれ煎餅は下記になります!

まずい棒の値段とは?

値段:1本50円のばら売り、10本入り1袋で410円などになります!

まずい棒はばら売りだと50円で販売しており「うまい棒」よりも高価な値段設定がされています!

公式HPには10本入りでも販売されており、価格は味によってまちまちでした。

まずい棒10本入りの値段

・かーるいチーズ味:378円

・ぬれ煎餅味:378円

・チキンカレー味:410円

・岩下の新生姜味:410円

・コーンポタージュ味:378円

・沖縄パイン味:410円

まとめ

この記事の内容おさらい

・まずえもんの後ろ姿は妖怪みたい…!

・まずい棒は9種類で、1本50円で販売されている

・経営がマズイから、まずい棒であって味は美味しい!

この記事ではまずえもんの後ろ姿や、味や種類・値段についてお伝えしてきました。

銚子電鉄の経営難を救うために2,018年8月に発売開始され、大ヒットを記録しています。2022年5月にも来客増加のために売り切りが発生しています。

ちゅらりき

公式HPでは、入荷待ちながら約1週間後に発送されるようです。

銚子電鉄といえば、ぬれ煎餅も有名なのでまずい棒だけでなく「ぬれ煎餅」も一度ご賞味ください!

\銚子電鉄の新しい収入源/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

トレンド情報が好きな33歳男性サラリーマン

妻と息子(1歳)の3人で、のんびり暮らしています。
好きなジャンルはスポーツ・アイドル・ライフハック系。

コメント

コメントする

目次
閉じる